【ABテストの方法】テストのメリットと効果的な実施方法まとめ

商品販売やマーケティングのためのWEBサイトを担当している場合、常に頭を悩ませるのがCVR(コンバージョンレート=成約率)に関することではないでしょうか。必要な要素は全て入れ込み、見やすくわかりやすいサイトを作ったつもりでも、なかなか結果に結びつかない場合があります。そこで、重要なのがLPO(ランディングページ最適化)ですが、その際に有効な手法の一つとしてよく聞かれるのがABテストです。

とはいえ、ABテストの内容についてはまだ知らないという方も多いかと思います。実際にABテストの内容とはどのようなもので、どうすればより効果的に行うことができるのか解説します。

そもそもABテストとは何か?

ABテストとは、サイトのパフォーマンスを改善させる、WEBマーケティングの手法の一つです。とくにLP(ランディングページ)を最適化しCVRを向上させたいときに適しているとされています。

具体的には、2つの以上のページパターンを用意し、それぞれのエンゲージメント率やCVRを比較し、チャンピオンページを導き出すというものです。

ABテストの必要性とメリットデメリット

主にLPの最適化を行うときに強みを発揮するのがABテストですが、メリットのほかデメリットも存在します。

パフォーマンスの高いページを見つけ、機会損失を防ぐ

ABテストでは複数のページを検証する中で、エンゲージメント率やCV率が高いチャンピオンページを見つけることができます。チャンピオンページはユーザーにとって説得力があり、共感を持ちやすいページだといえます。

よりパフォーマンスの高いページへと最適化すると、直帰率の改善とともに商品購入・問い合わせ・資料請求につなげ、機会損失を防ぐと考えられます。せっかく、ユーザーが訪れたのに「必要な情報がすぐに見つからない」「あまりいいファーストインプレッションを受けない」「応募・購入までにいたらない」という状態で、すぐにサイトを離れてしまうことのないようにするために、ABテストが活用されています。

ABテストのメリット

シンプル・低コスト

2つ以上のパターンを作り、どちらがより高いエンゲージメント率やCVRを出すのかを比べるというシンプルさがABテストの大きな魅力です。

CVR向上のためには広告を出稿するという手もありますが、費用がかかってしまうというのが難点です。その点、ABテストならば費用はさほどかからずに改善を目指すことができます。また、サイトの大幅なリニューアルをするのではなく、ポイントをしぼった修正となるため、かかる工数が少なくてすむのもメリットです。

ABテストのデメリット

PVが少ないと、テストに時間がかかる

ABテストは複数のパターンを比較して検証することが重要なため、サイトを訪れるユーザーが少ないと検証に時間がかかってしまいます。PV(ページビュー)が2000以下の場合には、検証結果を出すには厳しいといえます。

ABテストの具体的な実施方法

メリットの大きいABテストですが、実施するにあたり2つのパターンがあります。それぞれの特徴と、実際の実施の方法について紹介します。

ABテストの実施方法は2種類

ABテストには「逐次テスト」と「並行テスト」という2つのパターンがあります。

  • 逐次テスト…Aパターン、Bパターンを別々の期間にテストすること
  • 並行テスト…ユーザーごとにページを振り分け、Aパターン、Bパターンを同時期にテスト

逐次テストはLPOツールなどのシステムを実装する必要がないため簡単に行うことができますが、時季により結果が左右されるためおすすめはできません。一方、並行テストは同条件で比較をすることができるので、結果に信頼が持てます。

テストを行う期間についてですが曜日によるユーザーの行動パターンの変化もふまえ、最低でも1週間は要したほうがいいでしょう。サンプル数が多く、結果がはっきりと出た場合には1週間でも良いのですが、そうでない場合は2~3週間をかけるのが一般的です。ただし、長くても1カ月以内にテストを終了することを推奨しています。結果が出ないからと長く行っても、大きな変化は望めないからです。

ABテストの対象となるページは?

そんなABテストは一般的にLPの最適化に向いているといわれますが、

  • トップページ
  • 商品ページ
  • 購入フォーム
  • メールマガジン
  • 広告

などでも目的によっては有効です。ただし、ユーザーにインパクトを与えるためには、最初に見る可能性の高いLPは、優先的に行うことをおすすめします。

参考:ABテストで広告の改善をする方法

ABテストのパターンの作り方は?

ABテストのテストパターンを作成するには次の4つの観点で考えていきます。

  • 要素の有無
    ページ内にどのような要素を入れ込むかを考えます。入れ込む要素として考えられるのは、画像、キャッチ、情報、説明文、応募ボタンなどです。
  • 配置
    ページ内の必要な要素をどこに配置するのかも重要です。例えば応募ボタンをページの上部に表示するのか、下のほうに表示するのかによってもCVRは異なってきます。
  • デザイン
    応募ボタンの色や、トップ画像を変えただけでも印象は大きく変わります。
  • 文言
    情報ページのキャッチコピーや、情報の内容、応募ボタンの文言なども、わずかな変更でユーザーの反応が変化します。

以上をふまえた上で、ファーストビュー、メインキャッチコピー、アクションボタン、フォーム画面などが、ページの役割・目的にあっているか、チェックしていきます。

ファーストビュー

ユーザーが最初に目にするところです。画像がユーザー層にあっているかどうかなどをチェックします。例えば人物にするのか、商品にするのか。また、人物の場合には性別や年齢層、ファッションの印象などを考えます。

メインキャッチコピー

例えば、「今なら〇%オフ」のように具体的な情報を入れ込むと、人をひきつけやすくなります。しかしメインのキャッチに情報を入れすぎても言いたいことが伝わりにくくなりますので、どんな情報を入れ込むのか、バランスを取りながら考えていきます。

アクションボタン

大きさ、色、文言、配置などの要素から、より適したものを考えていきます。

フォーム画面

フォーム画面が使いづらいと離脱する確率が高くなります。項目を精査し必要のないものを排除したことで、CVRが向上した例は多くあります。

ABテストを効果的に行うためのポイントとは

ところで、ABテストを実際に行う上で大切なポイントがいくつかあります。以下の点を踏まえていると、より効果的に結果を求めることができます。

目的は明確にもとう!

ABテストは、「バナーのクリック率を上げたい」のか、「サイトの離脱率を下げたい」のか、目的を明確にして行ったほうが、以降の作業がぶれることなく効率良く行うことができます。目的としてはほかにも「資料請求率を挙げたい」「商品の購入数を増やしたい」「ユーザーの登録数を増やしたい」などが考えられます。

サイトのパフォーマンスを上げることが大きな目標ですが、まずは、よりブレイクダウンした目標を明確にすることが、最終的に成果につながりやすくなります。

仮説をしっかりとたてよう!

目的が明確になったら、分析ツールなどを使って調査・分析を行った後、修正が必要と考えられる箇所の改善策について仮説を立てます。ユーザー心理を考えながら、色、フォント、大きさ、文章などを「こうしたら良いのではないのか」とアイデアを出していきます。

ついあれもこれもとテストを行いたくなりますが、効果が出そうなところにポイントをしぼって仮説を立てたほうが、より作業が効率良くできます。

参考:仮説がABテストの成功を左右する!成果を出す仮説の立て方

優先順位の高いものからとりかかろう!

目的が明確になり仮説が立てられたら、優先順位の高い箇所から取り掛かっていきます。優先順位を決める3つのファクターは「可能性・インパクト・簡単さ」です。

まずは、CVR向上の可能性が高く、インパクトをもたらすと思われるところから手をつけます。また、複雑な箇所は実装に時間がかかってしまい、結果が出なかった場合には時間的な損失が大きくなりますので、簡単にできる箇所でテストを行い、CVRを上げていくことを考えるといいでしょう。

ABテストはLPOツールを使えば簡単!

ABテストを試みたい箇所が決定し、仮説も立ったら後は実行するだけです。
その実行にあたり便利なのがLPOの専用ツールです。

ABテスト以外にも多変量テストやパーソナライズが可能に

DLPOのLPOツールならば、LP、トップページ、入力フォームなどで自在にABテストを行うことができます。直感的でわかりやすい操作画面のため、デザイン・コーディングの専門知識がなくても、アイデアを実現しやすくなっています。

また、ABテストのほか、多変量テストを行うこともできます。多変量テストとは文言や画像、色、デザイン、位置など複数の要素の組み合わせでテストを行い、効果的な組み合わせを探し出すというものです。

さらに、DLPOならば年齢別、性別など、セグメントごとの結果も取得することができ、パーソナライズされたページを作成することでCVRのさらなる改善を目指すことができます。

カスタマーサポートがテストの不安を解決

ABテストにチャレンジしようと思っても最初は不安なものです。そこで、カスタマーサポートがあれば安心です。
DLPOでは電話・メールサポート、マニュアル・サポートサイト、アイデアを作るための活用事例・クリエイティブサンプル集などをご用意し、お客さまをバックアップ。設定・運用に関してカスタマーサポートが丁寧にご案内します。

メールまたはお電話で、DLPOへお気軽にお問合せを。
DLPO お問合わせ